Menu
A+ A A-

日本で電子タバコ ~ どうやってニコチン入りリキッドを見つけるか

東京にある近所のフードコートで夕食をしていた時、年配の紳士が目立った金属のタバコを吸っているのを目撃しました。よく考えたら、それは「電子 タバコ」だとわかりました。英語のスピーカーには「electronic cigarettes」としてよく知られているものです。以前にも電子タバコを聞いたことがありましたが、電子熱の元素を使ってただタバコを燃やすだけだ といつも思っていました。しかし、この男性は煙を発しながらどんどん息を吐いており、かっこいいスモーカーのジェームス・ボンドと、喘息患者が使 う医療機器を使うジェームズ・ボンドの両方の矛盾したイメージを感じました。私を一番魅了させたのは、彼がタバコの煙で周辺の空気を汚していない ということでした。彼の煙たい呼吸は臭いがなく、すぐに放散されてしまいました。そのため、電子タバコを吸うことはより正確には「vaping」 と呼ばれています。煙が周辺の人たちを不快にさせるので、個人的には日本の喫煙好きには共感しません。しかし、電子タバコはこの愛煙国家にとっ て、好ましい妥協策のように思えます。もしも、健康な日本人が、近くにいるノンスモーカー(私のような)を悩ませず、心ゆくまで喫煙できたら、皆 が勝者です。この夢のような理想のファンタジーが実現する第一歩になるかもしれません。

道具はそろっているのに、電子タバコのリキッドは残念…。
楽天で検索したらわかりますが、電子タバコは日本で簡単に購入できます。日本の口コミサイトで反響している唯一の問題はニコチンを含んでいる電子 タバコのリキッドをどうやって手に入れるかということです。残念ながら、通常の日本のサイトで提供している電子タバコのリキッドはニコチンゼロの タイプです。喫煙習慣から完全にニコチンを排除したいスモーカーには魅力的ですが、普通のタバコのニコチンの代用にしようと電子タバコを求めてい る人々にとっては残念です。いくつかのリサーチの結果、電子タバコを日本に発送している海外のメーカーを1社見つけました。彼らは電子タバコのニ コチン入りリキッドとともに、様々な電子タバコ関連商品を販売しています。

Apollo E-Cigs
Apolloは米国に拠点があり、日本を含め世界中に発送する、よく知られた電子タバコのブランドです。様々な電子タバコのグッズを自分たちのブ ランド名で販売し、3レベルのニコチン量から選べる様々なフレイバーの電子タバコリキッドを販売しています。

注釈:もしこの記事が役に立ち、記事の中で取り上げたApolloで購入しようと思われたら、記事内のリンクから購入して頂けますと幸いです。そうして頂けますと誰の推薦かわかるからです。ありがとうございます!

Post comment as a guest

0 Character restriction
Your text should be more than 10 characters
  • No comments found